デュオ演奏 in 鶴見

毎年恒例友人の先生の発表会での演奏、今年は横浜:鶴見 サルビアホールでした。
出演者みんなでアレンジしてリレーしていく「ジャズ連弾リレー」という企画が結構楽しかった!いいアイデアですね169.png

いつもとちょっと違う顔ぶれ、50代になってピアノを再開されたという現在60代の男性の方がショパンのノクターンを演奏されたり、混成コーラスチームが参加されたり、4歳の男の子がコンサートデビューしたり。

今回は

ソロ:リスト 演奏会用エチュードより「森のささやき」
連弾:チャイコフスキー くるみ割り人形より「金平糖の踊り」
ラフマニノフ 連弾のための6つの小品より「ワルツ」

を弾かせていただきました。

*リハや本番の帰りについ寄ってしまう自由が丘のカフェのシフォンケーキ、前は小さいホールだったけど最近ハーフです)
d0371502_20413636.jpg

[PR]
by ayrery | 2015-10-03 13:56 | 演奏会

デュオ演奏 in 新横浜

先週末友人のコンサートでの演奏がありました。もうかれこれ4回目、すっかり常連の顔して弾いてきました(笑)

生徒さんは大半が小さいお子さんですが、その他の音楽愛好家の方にも声をかけられて、毎年いろんな方が出演されます。今回ヴァイオリンの先生の生徒さんも加わり、合同発表会のようでした。

今年の会場は、新横浜のラポール・シアター、日産スタジアムの隣の障害者支援センターの中にあります。ピアノはスタィンウエイ。

わたくしのソロはセヴラックの作品。
セヴラックはまだまだ日本ではあまり知られていませんが、ドビュッシーとほぼ同時代のフランスの作曲家、作風はシューマン~ショパンに近いロマン期風、そこに南フランスの大地のかおり、力強く生きる人々の様子が表現されていて、1度聴くとその魅力に取り付かれる人も多いようです。
連弾はジャズ「Tea for Two 」「I Got Rhythm  」
こちらはとにかく楽しく!を目指して弾きました。
「カフェでお茶してるみたいだった」
「う~ん、こっちはお洒落なバーの雰囲気かなぁ」
なんて、とっても嬉しいお褒めの言葉をいただきました♪

自分たちのときは、あれこれ気遣うことも多くなかなか自分の演奏に集中できないのですが、心から楽しんで演奏できる機会があるというのはとてもありがたいことです。他の方の演奏を聴けるのも勉強になりますし、お子さんたちが毎回成長されている様子も見ることができ、楽しいひと時となりました。
d0371502_18555380.jpg


[PR]
by ayrery | 2011-09-27 12:27 | 演奏会

デュオ演奏 in 横浜 2010

毎年呼んでいただく友人のコンサート。
いつもは小さいお子さんの発表会に先生の知り合いが何人か出演するというスタイルですが、今年は2回に分けて、大人だけのミニコンサートにする、とのこと。場所も川崎のホールではなく、センター駅近くの音楽スタジオでの開催。
 
そのスタジオはというと…
「町の集会所!?!?」
みたいな外観、40人位入れそうな広さ、グランドピアノが1台、音響機材が少々。。「好きに使ってください」という感じで、スタッフも早々に引き上げてしまっていました(笑)そんな感じですが、若手の演奏家のコンサートなど定期的に開かれているようです。
プログラムはピアノ、ヴァイオリン、サックス、ハンドベル♪
わたくしはソロ(松下奈緒)と連弾はピアソラのEsucualo(鮫)
それと、なぜかハンドベルのメンバーに入っていて(!)ぶっつけで鳴らしてきました。初めてなので、ちょっとしたコツを教えてもらいつつ、案外鳴らすの難しい105.png
他にも、リズム当てクイズや、みんなで手拍子しながら歌いましょう♪など、出席者を上手く巻き込んで聴衆も楽しく参加できるように工夫して企画するあたりに、先生の人柄のよさを感じます。

いつもは大人数でお話できる出演者も限られてしまうのですが、今回いろんな方たちとお話ができて、とても楽しい時間を過ごせました。演奏の機会をいただけて、いつも感謝です。



[PR]
by ayrery | 2010-09-09 11:37 | 演奏会