昨日は大変な強風、嵐のようなお天気でしたが、東邦大のセミナー「ピアノアンサンブルのためのアレンジの試み」に出席しました。昨年も同様のセミナーに参加予定でしたが、あの震災後の計画停電の影響で、レッスン・スケジュールも大幅に変更することになり、結果断念しました。今回は出席できて本当によかったです。

前半は主に連弾の定番曲(フォーレ:ドリー、ドビュッシー:小組曲、マ・メール・ロワなど)を取り上げた内容でしたが、後半は交響曲(モーツァルト)やピアノコンチェルト(ベートーヴェン)のスコアをどうやって2台で弾くか、という興味深い内容でした。

2台でも連弾でも既存の楽譜だと好みのアレンジが見つからないこともよくあります。
それぞれ曲の特長を見極めつつ、スコアをアレンジしていくことももっと取り組みたいと思いました。
思えば、以前はさくっと書き直すとか、けっこうやってたのに。今ではレッスンで弾く曲も前よりレベルアップしていて、自分のアレンジなんて…とも思いますが、もっと視野も演奏の幅も広げていきたいです。



[PR]
by ayrery | 2012-04-01 12:36 | セミナー