現在最年少の4才のボクは、3才半からレッスンに来られて1年ちょっと。3冊めのプレ・ピアノランド3巻に入り、順調に進んでいます。

導入レッスンではプレ・ピアノランドという教材を使います。

ドーナツのイラストが印象的なピアノランドシリーズの導入版です。
手首や指の体操をしたり、肩や腕の使い方、歌いながら音符の読み方を学んでいきます。

小さいお子さんだと、どうしても集中力が持続しなかったり、いまいち気持ちが乗らないこともありますよね。
歌が好きなコや体を動かすのが好きなコ、なにか書いたり数字が得意など、それぞれのお子さんに合わせて進めていけたらと心がけています。

ご関心ある方はお問い合わせください。


d0371502_00454631.jpg




[PR]
# by ayrery | 2017-07-30 11:15 | レッスン

輸入楽譜Sale!

銀座 山野楽器で輸入楽譜のセール (7/26〜30) 教材もちょうど必要だったので、いそいそと行って来ました。

輸入楽譜はそこそこお値段もするので(普通に ¥7,000 とかしますしね) プロパーから15%OFF とはいえ、あれもこれもと衝動買いするとエラいことになるし、いま必要なもので掘り出しものがあれば、くらいな気持ちで探しました。
が、すでに持ってる楽譜だったり、今はちょっと弾かないなぁという曲だったり (服とかと同じで、あったらいいかも、みたいな感覚で買うと結局使わない…)

今日はいいかなと思いつつ、ふと見ると50%OFF なんていうコーナーもある、一応チェック。少々難ありだけど (ちょっと古びてる!?みたいな) あった!ちょうど必要なドビュッシーの舞曲169.png (ちなみに ヘンレ版)

¥1,800→¥900也。表紙に経年劣化は見られますが(笑) 中身は問題なし、ということでお買い上げ。

本日Saleコーナーではこれだけでした。
連弾楽譜も少々買い足しましたが、それはまた後日。

*で、結局またいつもと同じくアンジェリーナで季節のモンブラン レモンをいただく(たまには他にも行ってみよう 106.png)
d0371502_20002518.jpg



[PR]
# by ayrery | 2017-07-28 10:00 | 日記

マウイ島、5日目。

この旅行では、自然に触れる機会が多かったのですが、この日行くラハイナには歴史的建造物も多くあり、史跡めぐりがメイン。

ちょうど先日のNHK「世界街歩き」のハワイ特集でもラハイナが紹介されてたらしいですね。(見てないですが)
ラハイナは元はハワイ王国の首都。ホノルルが首都となるまではハワイ王朝の中心地でした。

同じ時期に捕鯨船団が立ち寄るようになり、寄港地として栄えていたようです。
いまもホエールウォッチングはラハイナの港から出発します。
海に面した開放的な街並みです。
レストランやギャラリーもたくさんありますし、アウトレットモールにも立ち寄れます。

d0371502_23465789.jpg

ラハイナ港はホエールウォッチングのほか、お隣に見えるラナイ島への定期便の発着地にもなっています。

d0371502_11085079.jpg

樹齢130年 バニヤンツリー、この付近にはむかしの裁判所や砦跡、老舗ホテルパイオニア・インなどあり、史跡めぐりを楽しめます。

d0371502_23485742.jpg

海沿いの広場には家族連れなどがくつろいでました。
なんとも穏やかな時間をすごせました

d0371502_23481134.jpg

[PR]
# by ayrery | 2017-07-27 10:00 |

ヨハンシュトラウスⅡ: 美しき青きドナウ
ニュイヤーコンサートでもおなじみの、優雅なウィンナ・ワルツ

こちらも昨年のコンサートで演奏しました。
2部のいちばん最初に弾きましたが、リラックスした雰囲気で後半のプログラムに入ることができて、良かったかなと思います。
わたくし的には前述のトリアーナみたいな曲が好きなんですが(笑)

生徒さんがお友達との音楽会で弾く6手連弾を探してて、「これ、良さそう♪」といって、実際に弾いたみたいです。

わたしたちはオトナと中学生の混合チームでしたが、レベル的にも難しくないので、ドレス着た女の子たちが並んで弾いたら可愛いんだろうな。

こちらから演奏動画みられます。

Cover tiny file look inside Blue Danube Waltz (NFMC) Composed by Johann Strauss Jr. (1825-1899). Arranged by W.T. Skye Garcia. Sheet Music. The FJH Piano Ensemble Series. This title is on the 2017-2021 National Federation of Music Clubs list. Single sheet. Published by The FJH Music Company Inc (FJ.E1045).

d0371502_14523521.jpg




[PR]
# by ayrery | 2017-07-24 10:00 | 連弾曲


d0371502_22055805.jpg

クラロッジからいよいよ山頂へ向かいます。
ハレアカラ国立公園入口ゲート通過、入園料の自動支払機でカードがエラーになってしまうらしく、渋滞して手間取る (自分たちも往生した 焦)

標高が上がるにつれて空気が冷たくなってくるのが車内でもわかる。
カーブの続く道路が続き、やっと山頂手前ビジターセンターへ到着。

サンセットまではあと2時間近くあるので絶景を見るため少し歩くことに。

海沿いの気候からは想像できないですが、やはり寒いです。マウンテンパーカ持ってきてましたが、ミニカイロも使うことに(笑)
家族の1人は散々いっておいたのに半袖・ハーフパンツ、上着はなんとか持参してくれてましたが、やはり防寒着必須です。

d0371502_13534004.jpg

さらに車でもうちょっと走り山頂へ。いよいよサンセット。
d0371502_22063270.jpg

霧が一気に晴れて山頂の天文台も見えます。
d0371502_13530072.jpg

雲海を照らしながら沈む夕日は壮大でした。
d0371502_22070306.jpg

午後7:00 日の入 気温5℃、見上げると降ってきそうなくらいの星の数。さすがにiPhoneで夜空の撮影はムリでしたが、心洗われる星空の光景でした。

アメリカ本土やヨーロッパの方(山頂でドイツ人のご夫婦とちょっとお話しました)はたいてい自力でいらしてましたが、ツアー(日本人)の方達が10人くらい来ていました。その場合、防寒着の用意やガイドさんの星座の解説があるようです。

今回は家族に車で連れていってもらえましたが、ツアー参加で行かれるのもいいかもしれません、マウイへ行かれるならぜひ!

わたくしもマウイ再訪の際はきっとまた行くと思います。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)
d0371502_19290083.jpg



[PR]
# by ayrery | 2017-07-22 10:00 |

合唱コンの伴奏①

生徒さんが学校で合唱の伴奏など担当する時は、お手伝いすることもあります。
ご自分で仕上げてきて最後にチェックだけしてくださいという子や、指使いやペダリングなどポイント的にアドバイスしてほしいという方もいれば、譜読みから一緒にやってくださいということもあります。

(ごくまれにレッスン課題すべて棚上げして(笑)伴奏だけに費やすなんてケースもありましたが)

今回は一通り一緒に弾きましたが、ご自分で進んで練習される方ですし、あとは大丈夫だよね、ということで順調に進んでいます。
学校の音楽の先生が仕上がりのイメージを持っていらっしゃると思うので、(細かいペダリングとか)きちんと確認するように勧めます。

本番は何か月も先ですが、早速練習で弾くことになったらしく、早々に仕上げないとですね。

伴奏はまったく初めてというわけではないですが、学年全員という大人数は初めてなので、心構えとかもおさらいしたいと思います。

d0371502_17562885.jpg

[PR]
# by ayrery | 2017-07-21 10:00 | レッスン

レッスン曜日について

レッスンの曜日についてお問い合わせをいただきましたので、こちらからもお知らせします。

現在対応可能なのは、月・木・金、 うち比較的来ていただきやすいのは木曜日になります。
月・金は他の生徒さんとのレッスンのタイミングを考えながらスケジュールを組む形になります。

土曜日はご希望が多く、固定のレッスンですと時間帯がかなり限られたり、スケジュールがやや流動的になるなど、条件付きとはなってしまいますが、対応できる場合もございますので、ご相談ください。


d0371502_10293652.jpg






[PR]
# by ayrery | 2017-07-19 10:31 | レッスン